元探偵の僕がモットンマットレスは怪しいと思った理由とは?

こんにちは!
田中洋一です。

僕は昔、探偵事務所に就職をしていたときがありました。
そのときの勘をいかし、怪しいなぁと思うことをお伝えしていきます。

腰痛対策マットレスで超人気のモットンです。
しかし、モットンはよく「あやしい」というネット上の噂があるようです。

火の無いところに煙は立たない。

なぜ、怪しいなどとウワサされているのか?

僕自身も気になったのでいろいろと調べてみました。

モットンが怪しいと思われる最大の理由とは?

ネット上で「モットンは怪しい?」と疑われる理由を考えてみました。

◆ 本当に実在する会社なのか?

⇒ 全く問題なくしっかりした会社です。

◆ なんだかんだ理由をつけられて返品ができない?

⇒ 返品ルールを守ればスムーズに返品することができます。

◆ マットレスの品質が悪い?

⇒ 長年めちゃくちゃ売れていて満足度も高いです。

・・・というわけで、これらは怪しいと言われている理由にはなりませんよね。

モットンが怪しいと言われている
最大の理由とは・・・

掲載されている写真です!

モットンの公式サイトに掲載されている写真が怪しいと言われているのです。

モットンが怪しいと言われている写真とは?①

まず、怪しいと言われている代表的なものがモットンの事務所の写真です。

・・・この写真どう見ても不自然としか言いようがありませんね。

生活感というか事務所感が無さすぎです。

書類が一切ないですしメモすらありません。
ゴミ箱やペットボトルなどのドリンクもありません。

1時間のセミナー会場でももう少し生活感がでます。
それに、本当に毎日毎日この密集で仕事をしていたらストレスが半端ないはずです。


現実的に考えてこの事務所は偽物としか言いようがありません。
せめて、「イメージ写真」「撮影用に1箇所で撮影しています」などという表記があれば良いのになと思います。

逆にいうと、この写真を掲載する必要があったのか?という感じです。

>>【モットン】公式サイトで確認してみる

モットンが怪しいと言われる写真とは?②

次にモットンが怪しいと言われる写真がコレです。

モットンは日本製ではなくて中国製の商品です。
当然、中国で生産されているので中国人が作っているはずです。

この写真を見て、
「これ日本人じゃないの?」と疑う人が多いようです。

確かに、日本人に見えなくもないですが、これは中国人で間違いないでしょう。

それよりも、僕が気になったのが作業服の汚れ具合です。
寝具をつくっている工場の割にはちょっと汚い感じも否めません。

ウレタンをカットする担当の人がウレタン片が付いているのか、
写真を撮るんだったら、パッパと掃えそうな感じもします(笑)

少し、揚げ足とりのような感じになってしまいました。

モットンの販売元情報

販売元 株式会社グリボー モットンジャパン事業部
運営統括責任者 伊藤 貴啓
住所 福岡県福岡市中央区天神3-8-13 Great Leapビル303号室
電話番号 050-3786-2641
(お問い合わせ受付時間:月曜日~日曜日:10:00~19:00)

まとめ

モットンが怪しいを言われている理由についてお伝えをしてきました。

事務所と工場のことについてです。
あやしいと言えば、あやしいのかもしれません。

でも、一番大切なことはマットレスの品質です。

モットンマットレスの品質については
販売実績とお客様満足度から考えても間違いないといえます。

モットンの公式サイトでこれらの写真を掲載している理由は
ライバル商品の雲のやすらぎプレミアムを意識しているからだと推測できます。

ライバルを意識するがあまりに取って付けたような感じになってしまったのか?
その雲のやすらぎプレミアムとの比較もしているので、興味がある方は見てください!

モットンと雲のやすらぎプレミアムの比較記事はこちら▼


>>【モットン】公式サイトはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA