マットレスと敷布団の明確な違いって何なのか?自分にはどちらが向いているのか?

マットレスと敷布団の明確な違いってわかりますか?

・・・皆さんはいかがですか?

そう言われてみると意外とわからないなあ・・・
と思う人も多いはずです。

このあいまいさというのはやっぱり寝具が進化してきた証だと考えています。

そこで

マットレスと敷布団の違いとは?
自分はどちらを選べば良いのか?

これらについてお伝えをしていきます。

マットレスと敷布団の違いって何なのか?

マットレスと敷布団の違いをネットで調べてみても、しっくりくる内容のものが見つかりませんでした。

明確な正解というものはないのかもしれません。
でも、僕なりに明確な正解があります。

敷布団の下に敷くのがマットレス

・・・これが正解です。

ただし、これは
現代には当てはまりません。

昭和時代には敷布団は薄っぺらくシンプルなものしかありませんでした。
そのために、寝るとどうしても「底付き」してしまったのです。

そこで、底付感を軽減させるために「マットレス」を敷いていたのです。

当時は敷布団もマットレスも両方とも性能がそんなに良くはなかった。
だから、お互いをカバーするかのようにマットレスと敷布団がワンセットだったのです。

敷布団だけで寝る。
マットレスだけで寝る。

・・・ということが昔はなかったのです。

それが、平成時代に入ってからは特にマットレスの進化がめまぐるしいです。
ちなみにベッドマットレスについては独自の進化を遂げています。

マットレスと敷布団の境界線がなくなった!


敷布団だけで寝る。

マットレスだけで寝る。

ということが昔はなかったのですが、いまは逆ですよね?

敷布団だけで寝る。
マットレスだけで寝るのが常識。

になっているのです!

雲のやすらぎプレミアムのような敷布団1枚で寝るようなタイプ。
マニフレックスのようなマットレス1枚で寝るようなタイプなどなど。

敷布団とマットレスの2枚で1セットの時代は完全に終了しました。

そこで、自分はマットレスが良いのか?
それとも敷布団が良いのか?のどちらを選べば良いのか。

こんな人におすすめ!をお伝えします。

自分はマットレスか敷布団のどちらがおすすめなのか?

特に床に直接敷いて寝る人を対象にしております。

1枚もののマットレスが良いのか?
それとも1枚ものの敷布団が良いのか?

それぞれの向いている人は以下の方です。

マットレスが向いている人
・収納スペースが狭い人
・耐久性が良いものを探している人
・硬めが好みの人

マットレスにもいろいろな種類があります。
日本の住宅事情に合わせてつくられたのが3つ折りタイプのマットレスです。

敷布団いらずで、狭い収納スペースや部屋の角に立てかけることも可能です。

そして、マットレスはウレタン素材でできているので、綿素材が多い敷布団よりも一般的には耐久性が高いです。
さらに、三つ折りマットレスはウレタンの位置もローテーションができるので耐久性がさらに上がります。

また、素材は柔らかいものから硬いものまでありますが、160ニュートン以上の硬さは敷布団にはありません。
160ニュートン以上の硬さを求めるのであれば、マットレスをおすすめします。

そして、1枚ものの敷布団が向いている人は以下の方です。

敷布団が向いている人
・慢性的な腰痛で悩んでいる人
・ふわふわな寝心地を求めている人
・広い収納スペースが確保できる人

敷布団(雲のやすらぎプレミアム)はマットレスと一番違うところは羊毛が使われていることです。
特に慢性的な腰痛で悩んでいる人は冬でも夏でも腰を温めなければいけません。

ですので、長年腰痛で悩まされている人には、敷布団をおすすめします。

雲のやすらぎプレミアムで腰痛解消が期待できる人と悪化する危険性がある人の違いは?

そして、布団にふんわり感を求める人はマットレスよりも敷布団が良いです。
しかし、敷布団はマットレスのようにキレイに畳めません。

さらに、厚みがあるものは収納スペースに余裕がないと入らない大きさになります。

ちゃんんと収納したいという几帳面な人には敷布団は向いていません。

まとめ

マットレスと敷布団の違いは何か?
マットレスと敷布団のそれぞれ向いている人についてお伝えをしてきました。

ここ数年のマットレスの進化が寝具に革命を起こしました。

マットレスは敷布団の補助具から完全に独立した感じがします。

僕も15年前に初めて高反発マットレスを購入したときは本当に衝撃的でしたね。
(ちなみに今は雲のやすらぎプレミアムで寝ています)

昔の敷布団とマットレスを併せて寝ていた良い部分を1枚にしたような敷布団ですよ!

皆さんにもぜひおすすめしたいです!

 

タイトル

  • 雲のやすらぎプレミアム

    整形外科医がおすすめする敷布団(マットレス)です。腰痛に対しての対策の理想のカタチが凝縮されています。その証拠に楽天ランキングで59週間も1位を獲得し続けた実績もあります。

    評価
    おすすめポイント!日本製で厚みが17cmの極厚!
    特徴!まるで雲の上で寝ているような寝心地!

    厚みが17cmもありますが、単に分厚いだけではありません。新クロスクラウド製法によって体圧が効率的に分散されるのです。また、秋冬用と夏冬用のリバーシブル構造になっていることも人気の理由です。

  • マニフレックス

    イタリア製であることも人気の要因。各界のモノにこだわる著名人やアスリートたちがマニフレックスを愛用しています。

    評価
    おすすめポイント!世界90ヶ国に出荷され愛され続ける信頼のブランド!
    特徴!硬すぎず、弾力があり柔らかすぎない!

    画期的な発明は「エリオセル」です。マニフレックス社が独自に開発した次世代高反発フォーム。硬すぎず、柔らかすぎないという理想的な硬さのマットレスなのです。また、季節などの温度変化でも硬さが変わらないことも大きな特徴です。

  • モットン

    体重や好みで硬さを100N・140N・170Nの3種類から選ぶことができます。販売の累計が10万本を突破している凄まじく売れているマットレスです。日本人の体型にあわせて開発されたマットレスです。

    評価
    おすすめポイント!体重や好みで硬さが選べる
    特徴!野球界レジェンドの山本昌さんがおすすめ!

    モットンの購入を決めた人の約90%の人が腰や背中などの痛みやつらさを抱えている人たちです。その方々の満足度も「94.2%」とかなり高い数字がでています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA