【添い寝OK?】雲のやすらぎプレミアムは赤ちゃんにとって安全な敷布団である5つの理由

お部屋が狭くて、どうしてもベビーベッドが置けないお家。
赤ちゃんとの添い寝が好きだから敢えてベビーベッドを置かない。

・・・そんな「添い寝派」のご家庭が増えています。

3歳までお母さんと一緒の布団で寝た赤ちゃんというのは非行に走りにくい。
という面白い調査結果もあります。

3歳までの親の愛情やスキンシップ
その子の一生を左右するといっても過言ではありません。

雲のやすらぎプレミアムの購入を検討しているんだけど
赤ちゃんにとって、安全な布団なのか?

気になるところだと思います。

そこで!

雲のやすらぎプレミアムは赤ちゃんにとって安全な「5つの理由」
赤ちゃんが安全に寝るための工夫について

これらについてお伝えしていきます。

雲のやすらぎプレミアムは赤ちゃんにとって安全な「5つの理由」とは?

雲のやすらぎプレミアムは
赤ちゃんにとって安全性が高い敷布団です。

その理由は大きく5つあります!

① 防ダニ・抗菌・防臭加工がされている。
② ホルムアルデヒドの安全基準値をクリアしている。
③ 赤ちゃんに適した硬めの高反発な敷布団である。
④ 赤ちゃんの汗かきにも対応できる通気性がある。
⑤ 季節や気温に合わせて調整可能なリバーシブル設計。

以上の5つの理由から、赤ちゃんにとって安全性が高いと言えるのです。

それでは、ひとつずつ解説をしていきます。

>>雲のやすらぎプレミアム公式サイト

① 防ダニ・抗菌・防臭加工がされている。

赤ちゃんが安全に眠るために「防ダニ・抗菌・防臭」は気になります。
雲のやすらぎプレミアムはしっかりとこれらの対策が施されています。

肌が敏感の赤ちゃんからアレルギー体質の大人まで支持されているのです。

ダニ対策についてこちらでも詳しくまとめています▼
雲のやすらぎプレミアムの防ダニ対策は大丈夫?効果の持続期間や購入後のダニ対策は?

② ホルムアルデヒドの安全基準値をクリアしている。

赤ちゃん専用の製品には日本の法律では、有害物質に関する厳しい基準が決められています。
その中でもホルムアルデヒドについては

出生後24ヶ月以内の乳幼児用のものは、ホルムアルデヒド含有濃度が16ug/g以下の物でなければ販売してはならない。

という赤ちゃんのための法律がちゃんとあります。

雲のやすらぎプレミアムは画像のようにアルデヒド基準を大幅に下回る数値2.3ug/gです。
だから、赤ちゃんでも安心して利用できる数値がでているのです。

意外にもこの数値をちゃんと公表している敷き布団やマットレスは少ないのです。
そういった意味でも雲のやすらぎプレミアムは信頼性が高いと言えます!

③ 赤ちゃんに適した硬めの高反発な敷布団である。

赤ちゃんが寝る敷布団やマットレスは関節や骨の発達のためにも適度な硬さが必要になってきます。

柔らかくて沈み込むお布団だと、身体の歪み・脱臼の心配もあるようです。
また、うつぶせ寝のときには窒息の危険性もゼロではありません。

さらに、軟らかすぎる敷布団の場合は赤ちゃんの体重で沈み込みが起きてしまいます。
すると、赤ちゃんの背中がぴったりと密着してしまい熱がこもりやすくなるのです。

赤ちゃんが寝るときは
正しい寝姿勢を保つことができて、血流を妨げないこと
が大切です。

雲のやすらぎプレミアムの硬さは150ニュートンです。
また、高反発スプリングマットによって赤ちゃんの正しい寝姿勢をサポートしてくれるのです。

また、子供が寝返りが打てるようになると、硬めのお布団の方が動きやすく成長の手助けにもなります。
これらの理由から雲のやすらぎプレミアムは赤ちゃんに適した硬さだと言えるのです。

雲のやすらぎの硬さについてはこちらでも詳しくまとめています▼
【適正体重は?】雲のやすらぎプレミアムの硬さは何ニュートン?失敗しない選び方とは?

④ 赤ちゃんの汗かきにも対応できる通気性がある。

赤ちゃんは体温調節をすることがとても苦手です。

寝ている間大人の2~3倍の量の汗をかくと言われています。

大人でもコップ1杯分の汗をかくと言われています。
ということはコップ2~3杯分も汗をかくのです。

ですので、通気性が良い敷布団が絶対必要になってきます。

雲のやすらぎプレミアムは通気性にとても優れています。


2層目と4層目の凹凸アルファマットによって
汗と空気が下に流れやすい構造になっているのです。

だから、汗っかきの赤ちゃんにも適していると言えるのです。

ただしその分、カビ対策など湿気へのお手入れが必要になってきます。

お手入れや布団乾燥機の利用についてこちらにまとめています▼
雲のやすらぎプレミアムは布団乾燥機や電気毛布・電気アンカは使用可能なのか?

雲のやすらぎプレミアムで赤ちゃんと添い寝するときの豆知識

雲のやすらぎプレミアムは赤ちゃんにとって最適であると言えるでしょう。
さらに、添い寝するときに知っておくと良い豆知識をご紹介します。

  • 寝かせる場所はエアコンの風が当たらない場所にする
  • 直射日光が当たらない場所にする
  • 周囲からタンスや物が落ちてこない場所を選ぶこと
  • 掛け布団は温度調節がしやすい2枚合わせがおすすめ
  • 気温に応じてタオルケットも使用する
  • 月齢がまだ低い時期は枕は不用です
  • シーツはシワができないようにピッタリと伸ばす

以上のようなことでさらに赤ちゃんの寝る環境を整えることができるのです。

ちなみに雲のやすらぎに会うシーツはこちらにまとめています▼
【正規品は高い!】雲のやすらぎプレミアムには市販の敷布団カバーは使えるのか?

さいごに

雲のやすらぎプレミアムは赤ちゃんにも大人にもおすすめの敷布団です。

でも、ネット上の情報を見ていると
赤ちゃんや子供はこんな布団でなければいけない!

・・・ねばならない!
とがんじがらめに伝えているものも多く見かけます。

でも、本当に大切なことは、赤ちゃんはよく寝て育つということです。
だから、赤ちゃんや子供が理想の布団で寝かせて上げることが一番大切なことです。

雲のやすらぎプレミアムは100日間のお試し期間もあります。
一度、お試しで使ってみてはいかがでしょうか?

雲のやすらぎプレミアム公式サイト >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA